So-net無料ブログ作成
検索選択

ルート66 2008 2/3 [>route 66]

rt6622.jpg

今回は、実際にルート66の最西端サンタモニカからビバリーヒルズ、ロサンゼルス、パサディナ、サンバーナーディーノを通り、バーストウ、そしてバグダット・カフェまでの行程を記します。

<サンタモニカ Santa Monica >
ここは、ロサンゼルス観光で、観光客によく知られている場所です。観光客は、サンタモニカプレイスと呼ばれるショッピングモールを中心に広がるショッピングゾーンと太平洋が広がる海岸沿いに行くのですが、実はここがルート66の終点であることはあまり知られていないようです。
サンタモニカのショッピングゾーンの端を走っている道Santa Monica Blvd.は、かつてのルート66です。そしてこの道が海岸に突き当たったところにルート66終着点のモニュメントがひっそりとあります。
現在、サンタモニカはリノベーションが進んでおり、今後さらにおおくの観光客が訪れるようになるはずです。皆さんもここに行くことがあったら是非ルート66終着点に立ってみてください。シカゴに向かって走るSanta Monica Blvd.が見えます。そして背後には広大な太平洋が広がっています。太平洋の先は日本です。なんともいえない景色のはずです。

rt6621.jpg


<ビバリーヒルズ Beverly Hills>
サンタモニカから東に旧ルート66を進むと、ビバリーヒルズに着きます。ここは皆さんの良く知っている高級住宅地です。旧ルート66は、ロデオ・ドライブとも交差しています。
サンタモニカから来ると、だいぶ落ち着いてきて走っている車もベンツ、BMW、ポルシェ、ベントレー、ジャガー...派手になってきます。
このあたりは、町中に良いホテルが点在しています。ちょっと手前のセンチュリー・シティにはセンチュリー・ホテル、インター・コンチネンタル、ビバリー・ヒルズ入り口にペニンシュラ、そして「プリティ・ウーマン」の舞台になったビバリー・ウィルシャー・ホテル、私の好きなフォー・シーズンズ...。LAに来たらこの近辺に宿を取るのも良いでしょう。

<ロサンゼルス Los Angeles >
旧ルート66は、ロサンゼルスのダウンタウンを通過します。だだっ広いロサンゼルスの中で高層ビルが建ち並んでいる場所です。ここはかつてのロサンゼルス中心地。現在はこのあたりにはあまり人が住んでいません。日本人としてはリトル・トーキョーと呼ばれる日本人街の名残が残っていますが、すでに日系人の中心地は別の場所に移っており、戦中・戦後の寂しい雰囲気を感じます。この後旧ルート66はRt110という高速道路になります。

<パサディナ Pasadena >
ロサンゼルスを過ぎて30分も行くと、急に洒落た街を通ります。ここがパサディナです。旧ルート66は E. Colorado Blvd.と名前が変わります。古くからの豪邸が建っていて、オールド・ダウンタウンも良い感じに洗練されています。よく見ると建物は古いのですが、高所得層がきちんと手入れをして独特の雰囲気を維持しているようです。ここにも小さいながら伝統のあるホテルやレストランが点在しています。おおくの観光客がこの街を通り過ぎていきますが、是非立ち止まってほしいポイントです。

<サンバーナーディーノ San Bernardino >
パサディナを過ぎると、旧ルート66は、Foothill Blvdと名前を変えます。サンタモニカから続く旧ルート66は、所々で「Historic Old Route 66」という看板が出ているので、間違うことなくかつての旧道を辿ることができます。
このあたりの景色は、ちょっと昔のアメリカの面影を残しています。道沿いにあるモーテル、ドーナツ屋さん、ハンバーガー店などなど。結構地元にしかないよう知らない名前の店に行列ができていたりします。のどかなLA郊外の庶民の生活が垣間見られるポイントです。

旧ルート66は、ここから山越えとなります。現在はRt15という高速になっているので、ここは高速で進みます。結構険しい山で、ロサンゼルスの広い平らな土地とはお別れとなります。

<ビクタービル Victorville >
Rt15を北に進み、ビクタービルで降りると、ここから旧ルート66が残っています。名前は National Trails Hwy. です。この街には小さいですがルート66博物館があります。かつて西へ向かった人々が宿をとった街ではかつて賑わっていた頃の写真を見ることができます。
旧ルート66は、ここから次の街バーストゥまで川と鉄道と平行に進みます。なんとものどかな景色です。そして道にはあの「Route 66」というマークが書かれています。このあたりからが、観光地化されたヒストリック・ルート66なのです。

<バーストゥ Barstow>
ビクタービルから旧道を1時間ほど走ると次の街バーストゥに到着します。この街もかつてはルート66の宿場町をして栄えましたが、今は、ロサンゼルスとラスベガスの中間地点として栄えています。ドライバーたちはここで給油し、食事をします。中にはここで一泊する人もいます。ただ、ここはあくまで経由地です。街には見るべきものはなく、ただチェーン展開しているモーテルやレストランがあるだけです。
ここに立ち止まる必要はないのですが、この先しばらく何もないので、給油とトイレのために必ず止まりましょう。

バーストゥを出ると、道は2つに分かれます。ひとつはラスベガスに向かうRt15。そして東に進むRt40です。旧ルート66は、今は高速道路Rt40になっています。バーストゥを通過するほとんどの車はラスベガスとロサンゼルス間を走っているので、Rt40に入ると急に交通量が減ります。そして、ここからはひたすら砂漠の中を走ることになります。

<カリコ Calico >
バーストゥを出ると、北の山にCalicoという文字が見えます。まるで京都の大文字焼のようですが、ここにはゴーストタウンがあります。かつて西部劇の時代に作られた街なのですが、現在は観光地化されています。入場料を払うと西部劇のセットのような街を見ることができます。が、わざわざ見るほどの観光地ではないです。

rt6624.jpg

<ニューベリー・スプリングス Newberry Springs >
Rt40を東に走るとDaggettという街のあたりから平行して旧ルート66が残っています。勿論走れます。ルート66があった頃は、この道沿いにも数マイルごとに宿場町が形成され、そこには、ガソリンスタンドやレストラン、モーテルなどがあったそうです。しかし、すぐ隣に高速道路ができたこと、そして車の性能がアップしたことで、1日に走れる距離が伸び、人々はかつての宿場町を通り過ぎるようになりました。
このあたりには、かつて街があっただろう面影が点在しています。看板の跡、建物があった気配、コンクリートの固まりなどが見受けられます。ひたすら走っていると、周りに何もない場所にポツンと1軒のカフェが建っています。ここが「バグダッド・カフェ」です。本来ならば潰れてしまう店ですが、映画「バグダッド・カフェ」で舞台になったことで世界中からファンがここを訪れ経営が成り立っています。建物は映画と同じです、ただ、映画に出てきたモーテルは廃墟になっています。

rt6625.jpg


この何もない砂漠はまだまだ続きます。次の街はニードルズです。
次回はニードルズでのサスペンスからイングマン、セリグマンというルート66のメッカを通り目的地フラッグスタッフまでを記します。

nice!(54)  コメント(27)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 54

コメント 27

スー

「バグダッド・カフェ」行ってみたい!
by スー (2008-07-12 20:06) 

gehirn

いろいろと歴史があるんですね。
by gehirn (2008-07-13 01:51) 

ぽりぽり

これぞ、アメリカって感じですねぇ~。行ってみたいぃ~。
by ぽりぽり (2008-07-13 10:16) 

Traveler

スー さん、こんにちは。
「バグダッド・カフェ」は、料理はまずいですが、何といえない雰囲気で和みますよ。LAから日帰り可能です。
by Traveler (2008-07-13 10:27) 

Traveler

gehirn さん、こんにちは。
アメリカは歴史が浅いので、ルート66は、余計大切にされているんですね。
by Traveler (2008-07-13 10:28) 

Traveler

ぽりぽり さん、こんにちは。
ルート66は、別名マザー・ロードと呼ばれています。これぞアメリカという感じです。
by Traveler (2008-07-13 10:30) 

mimimomo

こんにちは^^
昔歌にSunset77ってなかったかしら(’、‘? 66ね~ サンフランシスコ多分行くから気をつけて見てみます。
by mimimomo (2008-07-13 12:57) 

toshi

バグダッドカフェ、行ってみたいです。
by toshi (2008-07-13 18:28) 

Traveler

mimimomoさん、こんにちは。
有名な歌で「ルート66」という歌がありますよ。
ルート66は、サンフランシスコからはちょっと遠いです・・・
by Traveler (2008-07-13 22:45) 

Traveler

toshiさん、こんにちは。
バグダッド・カフェ行くと、あの主題歌が頭の中をグルグル流れます。
by Traveler (2008-07-13 22:46) 

SAKANAKANE

行く機会が有ったら、ガイドブックにしたいですね。
by SAKANAKANE (2008-07-14 01:52) 

nono

こんにちわ^^
私も一度行ってみたい♪
常夏の島ばかりでなく。こんな感じの町並み。道。最高でしょうね^^
by nono (2008-07-14 11:10) 

pucci

こんばんわ♪
ご訪問ありがとうございます!
あちこち行かれてますね~
「ROUTE66」沿いの街は古きよきアメリカって感じで素敵ですね。。。
by pucci (2008-07-15 23:02) 

青い花

今回のシリーズは写真が大きいのでうれしいです♪
あらためてゆっくり読みに来ますねー★
by 青い花 (2008-07-16 16:57) 

むちゃ

いいですね~ルート66!かっこいい!
終着点は感慨深いものがあるんですね。
アメリカに行く機会があるか分からないけど、
そんな機会があったらぜひ立ってみたいです。^^
by むちゃ (2008-07-19 16:38) 

Traveler

SAKANAKANEさん、こんにちは。
ガイドブックになるよう精度を高めておきますね。
by Traveler (2008-07-20 00:10) 

Traveler

pucci さん、こんにちは。
映画「カーズ」以降、アメリカ人の観光客も増えてきました。
こういう町は大切に保存して欲しいですね。
by Traveler (2008-07-20 00:11) 

Traveler

青い花さん、こんにちは。
今後もできるだけこのサイズの写真でいきますよ。


by Traveler (2008-07-20 00:12) 

Traveler

むちゃ さん、こんにちは。
ルート66は、LAから日帰りも出来るので意外と気軽にアクセスできます。是非、行ってみてください。
by Traveler (2008-07-20 00:13) 

Collection

Travelerさん
ご訪問ありがとうございました! またちょくちょくお邪魔させていただきますね。
by Collection (2008-07-21 07:11) 

One-for-you

学び直して出直して参ります。
RがIに変わった方に慣れてしまってます。
自分的には、現在のI-75とI-64交差方面が主なDestinationです。

Route-66 は、憧れの域であり、もう少し身近な面ではI-101を南北走破してみたい、いつか、と、考えております。


by One-for-you (2008-07-22 01:20) 

ミク

パサディナ・サンバナディーノなど、私にとって少し
馴染みのあった場所なので、とても楽しく拝見しました♪
バーストゥの先の何にもない砂漠・・・ただひたすら同じ風景を
見ながら、いつかまたあの道をドライブできたらな~って。
次回も楽しみにしています。
by ミク (2008-07-23 17:11) 

きょうパパ

空が眩しい~っ!

by きょうパパ (2008-07-27 19:59) 

Traveler

Collectionさん、こんにちは。
こらからもよろしくお願いします。
by Traveler (2008-08-17 15:05) 

Traveler

One-for-youさん、こんにちは。
アメリカドライブは、どうしてもIを使って急いでしまいますが、Rt66のようにのんびり旅するのもいいですよ。
by Traveler (2008-08-17 15:07) 

Traveler

ミクさん、こんにちは。
Rt66は、近代的なロサンゼルス、懐かしく美しいパサデナ、そして古き良きアメリカの残るアリゾナといろいろな景色が楽しめますね。
第3回はいかがでしたか?
by Traveler (2008-08-17 15:08) 

Traveler

きょうパパさん、こんにちは。
Rt66は夏前後の空がきれいです。
by Traveler (2008-08-17 15:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。