So-net無料ブログ作成

ゴブリン バレー 州立公園 (ユタ州) [>grand circle]

GV1.jpg

今回は、グランドサークルにある皆さんがあまり行かない場所、ゴブリン・バレーを紹介します。

ご存じのようにグランドサークルというのは、アメリカ西部のレイク・パウエルを中心としたエリアの総称で、この円の中には沢山の国立公園や州立公園が点在しています。殆どの公園が自然の力によって数千万年〜数億年かかってつくられたもので、とても驚かされる光景が広がっています。
グランドサークルには、アクセスがしやすく日本人にもなじみのあるグランド・キャニオンやモニュメント・バレーなどがありますが、それらよりも凄い公園がまだまだあるのです。ただアクセスが悪く自分で車を運転して行くしか方法がないので、グランド・キャニオンやモニュメント・バレー以外の公園は、あまり知られていないようです。

では、本題のゴブリン・バレー州立公園(Goblin Valley State Park)を紹介しましょう。
ゴブリンとは、「怪物」「悪魔」という意味です。スパイダーマンの敵でグリーン・ゴブリンというキャラクターがいましたが、やはり「緑色の悪いやつ」という意味でした。でもどこか憎めない悪いやつという意味合いもあります。この公園は、「ゴブリンの谷」と名付けられています。行ってみると納得するのですが3メートルくらいある巨大なゴブリンの形をした岩が無数にあるのです。

GV3jpg.jpg

まずはアクセスの仕方です。
近くの街は、どこになるのでしょう。小さな街はいくつか点在していますが、おそらく日本人にとってはラスベガスからが一番行きやすいのだと思います。他にはユタ州のソルトレイクからでもアクセスできます。そのくらい陸の孤島にあります。私は1週間かけてグランド・サークルを回る途中で立ち寄りました。私がゴブリン・バレーに行った翌日はラスベガスに泊まりました。ということは、がんばれば1泊でラスベガスからゴブリン・バレーまでの往復が可能ととうことです。

ラスベガスからだと街の中を走る15号線に乗りソルトレイク方面に北上し、3時間くらい走ったら50号線に乗り換え東に向かいます。そしてさらに3時間くらい走り、24号線を西に戻るのが一番早いアクセス方法です。50号線と24号線は、平行して走っているのですが、24号線は、高速道路ではないので、時間がかかります。でもこの24号線は、アメリカ国内でも絶景の道として有名なので、是非時間をかけて24号線を走って貰いたいです。

147029.jpg

ゴブリン・バレーの北側は、何もありません。Gogle Earthでみると、北側と東側半径150kmは、荒涼とした砂漠が続いています。その中を道がひたすら走っているだけです。そしてバレーに近づくと、草原となります。延々と道が続き、こんなところに公園があるとは思えない感じでした。

560727.jpg

でも、標識を信じて向かうと、ちょっとした丘が見えてきます。その麓に小さな小屋がありました。ここが公園のゲートです。トイレはここと公園内にあるだけで、周囲には全くないので、是非利用しておきましょう。

ゲートをくぐると、直ぐに不思議な岩が見えてきます。確かに小悪魔っぽい形をした岩がそこにあるのです。これは、面白い!わくわくしながら車を走らせ丘の上で車を止めると、丘の裏には無数のゴブリンがいました。この光景はなんとも言い難いものです。とにかく予想以上の数に唖然とさせられます。なんでこんな形の岩ができたのか?そしてこんな広大な砂漠の中で、ここだけに変な岩が密集しているのか理解できません。

GV2.jpg

ネットで調べると、岩に水と風が通り、数千年をかけて作り上げた自然の芸術だと書いてありました。それにしても何故ここだけ?という疑問が残りました。

よく見ると、ゴブリンの間に人影が見えます。ここは、入場制限などなく人が入っていけるのです。早速私たちは、車を降り歩いてゴブリンの中に入りました。1個の高さは2メートルから5メートルくらいです。殆どのゴブリンは3メートルくらいでした。中に入ると、そこは巨大迷路のようです。岩をさわってみると、火山灰のような細かな砂が圧力で固まっているような性質でした。ですから強くひっかくとボロボロと岩を削り取ることができます。これだけ柔らかい岩なら雨が降るだけでどんどん削れるでしょう。後は、水の流れる方向などで完成します。ここは谷なので、北側から風が吹き抜けます。きっと大まかに削り取られた岩の間を強い風が吹き抜け、さらに磨かれてこのかわいらしい形状になったのだと思われます。

私は、グランド・サークルの様々な公園に行きましたが、このあまり知られていないゴブリン・バレーが大好きです。グランドキャニオンのような壮大さもなければ、宿泊施設もないですし、観光客もほとんどいません。でもあのかわいらしい形の岩にはなんだか愛着を持ってしまうのです。

ゴブリン・バレーは、夕方訪れるととても綺麗です。但し近くに宿泊施設だけでなくガソリンスタンドすらありませんので、計画的に訪れてください。一番近い宿泊施設は、車で西に90分くらい進んだキャピタル・リーフ(2軒のモーテルあり)くらいです。




nice!(63)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 63

コメント 37

飛騨の忍者 ぼぼ影

荒涼とした景色ですね。

by 飛騨の忍者 ぼぼ影 (2008-09-28 15:58) 

ぽりぽり

まさにゴブリンといった迫力がありますねぇ。
by ぽりぽり (2008-09-28 23:12) 

Traveler

ぼぼ影さん、ご訪問ありがとうございます。
by Traveler (2008-09-28 23:23) 

Traveler

ぽりぽりさん、こんにちは。
そうですね、とても不思議な景色でした。
by Traveler (2008-09-28 23:24) 

TaekoLovesParis

ここに宇宙人が降りてきた、といっても不思議ではないような場所ですね。
ラスベガスからひたすら走って、壮大な景色。レンタカーで行ってみたいです。
レンタカーが途中で故障する、っていうことは、ほとんどないんですよね?
by TaekoLovesParis (2008-09-28 23:43) 

スー

地球以外の星に舞い降りたような錯覚に陥りそうです。
by スー (2008-09-29 00:40) 

toshi

他の惑星を連想させる風景ですね。
by toshi (2008-09-29 04:38) 

mimimomo

おはようございます^^
こう言う所は団体で押しかけたいですね~^^ ちょっと
恐いです^^
by mimimomo (2008-09-29 04:49) 

manamana

まさにSF映画で出てくる別の星の世界みたい。
地球の光景とは思えません。
by manamana (2008-09-29 07:03) 

いとお

ホントすごいですね!
地平線に続く道も素敵(^^)
by いとお (2008-09-29 09:41) 

HAZUMI

世界はなんて、広いんだろう~~~
自分の知らない世界が99.9%って気がする!
by HAZUMI (2008-09-29 12:09) 

ミラノ

荒涼とした景色なのに明るく見えるのは、
光のせいでしょうか。
何千年も侵食して出来るのはトルコのカッパドギアに似ていますね。一枚目の写真もカッパドギアみたいです。
by ミラノ (2008-09-29 13:54) 

berry

アメリカって広大なんですね。
わかっていてもその広大な景色を目にしたら
感動で足がすくんでしまいそう。(か弱いんです、わたし。笑)

by berry (2008-09-29 18:38) 

Traveler

Taekoさん、こんにちは。
最近ではレンタカーが故障するというのはあまりないです。
でも私は不安なので、いつもハーツで最新の車をレンタルし、携帯電話を2つ持って行きます。あと水もおおめに用意していますよ。
by Traveler (2008-09-29 18:54) 

Traveler

スーさん、toshiさん、訪問いただきありがとうございます。
本当に惑星みたいですよねー。
by Traveler (2008-09-29 18:55) 

Traveler

mimimomoさん、こんにちは。
実際に見ると怖くないですよ。なんだか暖かいんです。
by Traveler (2008-09-29 18:55) 

Traveler

manamanaさん、こんにちは。
日本にいると、自分がいかに狭い範囲で生きているか痛感します。
時間があれば是非、広い世界に出てみてください。
by Traveler (2008-09-29 18:56) 

Traveler

いとおさん、こんにちは。
この道、あまりにまっすぐで途中あきます...
by Traveler (2008-09-29 18:57) 

Traveler

HAZUMIさん、こんにちは。
確かに、日本にいると折角の人生を無駄にしていると感じます。
是非、海外へ!
by Traveler (2008-09-29 18:58) 

Traveler

ミラノさん、こんにちは。
なんだか明るいところでした。ひかりのせいですかねえ・・
夜は星が綺麗でした。
by Traveler (2008-09-29 18:59) 

Traveler

berryさん、こんにちは。
一緒に行った友人達は、景色見て泣いていました。
そのくらい凄いんですよ。
by Traveler (2008-09-29 19:00) 

かおり

ポコポコしたゴブリンたちがとても可愛いですが
意外に大きいものなのですねー^^
彼らのキャラクターのおかげか、今回の写真は
SF映画のシーンを切り取ったみたいですね♪
異空間に迷い込んだ感覚でしょうか?(笑)

by かおり (2008-09-29 23:10) 

SAKANAKANE

非常に貴重な情報ですね。
SF映画の舞台になりそう・・・。
by SAKANAKANE (2008-09-29 23:27) 

むちゃ

ホントに素晴らしい光景ですね。
そして、日本はせまいんだなって感じがします。
いや、正確には、広く感じる時もあるんだけど、
やっぱりせまいだなぁ~と写真を見て思いました。
それに自然にできたものは、やはり美しいですね。
24号線!これは走ってみたいです!
by むちゃ (2008-09-30 00:14) 

そよかぜ

すごい!
アメリカの荒野もいいですねぇ。
私の経験ではラスベガス郊外ぐらいしか経験ないので。
by そよかぜ (2008-10-01 19:56) 

ネオ・アッキー

 Travelerさんこんばんは。
砂漠の中に一本道・・・。 アメリカの大地の偉大さが良くわかる写真ですね。アメリカは都市もいですけれど、こういう荒野を味会うのもいいですね~ 
by ネオ・アッキー (2008-10-02 21:22) 

yosshi

広い!
やっぱり大陸はスケールが全然違うんですね~。
by yosshi (2008-10-05 22:19) 

risingmoon

映画にでてきそうな風景の数々に圧倒です!
アメリカってやっぱり広いですね~!
運転ができる人と一緒に連れて行ってもらおっと(笑)

by risingmoon (2008-10-08 10:47) 

kuwachan

こんにちは。
ご訪問&nice!ありがとうございました。

荒涼とした風景が凄いですね。
不思議な形の岩々も画像だけ見ていると
造り物のように見えてしまいます。
一度はこの眼で確かめたいです。
by kuwachan (2008-10-08 12:28) 

Traveler

かおりさん、こんにちは。
地球上とは思えない不思議な光景でしたよ。
by Traveler (2008-10-11 16:32) 

Traveler

SAKANAKANEさん、こんにちは。
「ギャラクシー・クエスト」という映画に、この岩のような怪物が登場していましたね。
by Traveler (2008-10-11 16:33) 

Traveler

むちゃさん、こんにちは。
24号線は、アメリカ人も走りたい道だそうです。
景色がどんどん変化していき面白かったです。
by Traveler (2008-10-11 16:34) 

Traveler

そよかぜさん、こんにちは。
ラスベガスから1泊するとかなり面白い場所にアクセスできますよ。
次回は是非トライしてください。
by Traveler (2008-10-11 16:35) 

Traveler

ネオ・アッキーさん、こんにちは。
アメリカ大自然の旅、是非トライしてみてください。
by Traveler (2008-10-11 16:36) 

Traveler

yosshiさん、こんにちは。
確かに日本ではこんな景色ないですねー。
by Traveler (2008-10-11 16:36) 

Traveler

risingmoonさん、こんにちは。
日本で免許持っている人ならアメリカドライブは簡単ですよ。
免許がなければ、持っている人を探してでも行く価値あります。
by Traveler (2008-10-11 16:38) 

Traveler

kuwachanさん、こんにちは。
私も自分の目で見るまでは半信半疑でした。本物は写真よりも感動します。
by Traveler (2008-10-11 16:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。