So-net無料ブログ作成

シティ センター (ラスベガス) [>las vegas]

 

c5.jpg

 今回は、2009年末にオープンしたアメリカ最大の8000億円をつぎ込んだ巨大プロジェクトを紹介します。
上の写真を見てください。シティセンター全景です。右に見えるのがベラッジオの「o」のサインです。左に小さくモンテカルロが見えると思います。

 昨年末以降ラスベガスに行かれた方は、ベラッジオの南側に出現したこの大規模な施設に驚いたのではないでしょうか。これは、数年前から開発が続いていた2つのエリアです。ひとつは今回紹介するシティセンターですもうひとつはシティセンターとベラッジオの間に細長く作られたコスモポリタンです。この2つのエリアは開発時期がほぼ同じでデザインもガラス張りで似ているので、ひとつのかたまりに見えるのです。

 

もともと、この場所は巨大な空間でした。しいてあげるとジョッキークラブというさえないホテルと観光用ヘリポート、そしていくつかの小さなお土産物店があったくらいです。なので、ベラッジオからこの土地を挟んだモンテカルロやニューヨークニューヨークに行く場合は、このかなり距離のある土地の脇をダラダラと歩かなくてはいけませんでした。一時は、ベラッジオ=モンテカルロを無人のモノレールが動いていたこともあります。これはなかなか便利で、無駄な徒歩移動を大幅に短縮してくれましたが、しばらくすると運休してしまいました。

 

c4.jpg

実は、この場所に新しいコングロマリットを建築しようという計画は何度も現れ消えていきました。そしてMGMが、自社の資金とファンドからの資金を集め巨大な博打を張ることになったのです。企画当時、アメリカは好景気に見舞われラスベガスの人口は増えるばかり。観光客も大量に押し寄せホテル需要がありました。各ホテルは新館を建築し、どこも繁盛していました。MGMは、この大規模プロジェクトが成功するだろうと確信していたと思われます。

しかし、リーマンショック以降ラスベガスは様変わりし、景気は急に冷え込みました。これによりMGM社の株価は大暴落し、会社自体が破産する直前まで追い込まれます。当然シティセンターの建築も何度か中断してしまいます。マスコミは、このプロジェクトは完成しないのではないかと噂し始めました。そんな中、新たな資金拠出社が現れなんとか完成したのです。

 

施設は広大なため、いつオープンしたのかはっきりしません。ホテルのひとつVdara(a)は、2009年11月からオープンしました。Aria(f)は、2009年12月です。Mandarin(e)は2010年に入ってから、Harmon(b)はまだオープンしていません。クリスタル(c)は一部営業が始まっています。Veer(d)は、住人が暮らし始めています。施設全体が正式稼働するのは2010年末頃になるようです。

 

では、シティセンターを紹介していきます。

 

モノレール

まず、この広大な施設にはモノレールが走っています。駅はAriaとCrystalsの間にあります。このモノレールには3駅あって、シティセンター駅が真ん中になります。北側の駅はベラッジオの新館、南側はモンテカルロの隣にあります。このモノレールにより、ベラッジオ=シティセンター=モンテカルロが繋がりました。3つともにMGMの経営ですから当然ですが、このモノレールはとても便利です。ちなみにかつてほぼ同じ軌道を走っていたモノレールとはデザインや構造が異なります。

乗車料は無料です。

 

Aria Resort & Casino

http://www.arialasvegas.com/

pod-SkySuites-2BedroomARIALivingRoom.jpg

シティセンターの中心と言うべき巨大ホテルです。勿論ロビー階には大きなカジノがあります。車でのアプローチは、ビルの裏側になります。弧を描いた建物で、ガラス張りです。ラスベガスにあるどこかの国を模したテーマホテルと比べると品が良く、ちょっとビジネスライクな建物です。内装はモダンコンテンポラリー、品が良く30代~40代に受けると思います。カジノも小綺麗で他のホテルにあるカジノとちょっと違います。

部屋は4004室もあります。いくつか種類があり、スイートは568室あります。どれも快適です。そして広いです。私は、今後暫くはこのホテルに泊まりたいなあと思いました。しかし、正月やスプリングブレイクの時期はチェックインにかなり時間がかかります。

レストランは16、バーは10あります。どこも洒落たデザインで、そこにいるのが楽しいです。レストランの味は期待しないでください。

 

 

Mandarin Oriental Las Vegas

http://www.mandarinoriental.com/lasvegas/

世界中に展開しているマンダリン・オリエンタルのラスベガス版です。ここは、392室のホテルと225のレジデンスからなる42階建てのビルです。他のホテルと比べると規模が小さいので、快適です。サービスはマンダリン・オリエンタルに準拠します。レストランは6個あります。

 

Vdara 

http://www.vdara.com/

シティセンターのかなり奥まったところにあるホテルです。

c3.jpg

ここは、元々コンドミニアムとして作られました。しかし部屋の殆どが売れず、結局ホテルという扱いです。しかしいくつかの部屋は既に売れていて、そこは部屋を借りているというスタイルになります。とはいっても知らなければホテルとしか思えません。

ここは、1495のスイートルームです。ベッドはどの部屋もキングベッドがひとつです。友達同士で予約するには向いていません。家族かカップルにお勧めです。コンドミニアムだけあって、部屋には簡単なキッチンとかなり広いバスルームがあります。

レストランとバーが1つずつあります。バーが素晴らしく、夜遅く訪れテラスで飲むと楽しいです。

ここは、場所が奥まっていてカジノがないのでいつも空いています。アリアからは直ぐアクセスできるので、アリアが混んでいる場合はヴィダラに逃げてくるのが正解です。

ちなみに一番近いモノレール駅はシティセンターではなくベラッジオ駅です。ベラッジオにはスカイウォークで繋がっています。ロビーから数分でベラッジオにたどり着きますし、そこにモノレールの駅もありますが、ここはベラッジオの新館です。本館まではベラッジオの敷地内を延々と歩くことになります。

 

The Harmon Hotel

http://www.theharmon.com/

ビルの構造上の問題が発覚し、現在もオープンしていません。ウェブサイトはオープニング・スーン。本当にオープンするのでしょうか?

ハーモンホテルは、The Light Group という高級ブティックホテルやクラブを運営する会社がオペレーションを担当する予定です。かなりナイトクラブっぽいホテルになるのではないでしょうか。

 

Veer Towers

シティセンターの真ん中に斜めって聳え立つ2つのタワー。これはレジデンス練です。ホテル機能はなく、購入者のみが使う日本におけるマンションのような存在です。ここは、比較的売れているようで、正月には殆どの部屋に人影が見えました。

 

Crystals

c2.jpg

シティセンターのセンター、ストリップに面した銀色の建物がクリスタルズです。ここは、モールです。かなり高級志向なブランドを揃えています。殆どの観光客が、まずはこのクリスタルズに入り、ここを経由してシティセンター内のホテルやレストランにアクセスするようです。そういった意味では、シティセンターの核となっています。モノレールの駅もこのビルにあります。

 

右の写真は、クリスタルズの中です。とても綺麗で広いです。

 

シティセンターには、シルク・ドゥ・ソレイユの新しい劇場もオープンしました。ここではELVISというエルヴィス・プレスリーに纏わるショーが行われていますが、いわゆるシルクではなく、エルヴィスをメインにしたパフォーマンスです。

 

このシティセンター、まだオープンしていない部分もあるので全貌はわかりませんが、言えるのはこの施設は、アメリカで最大の面積を誇り、アメリカで一番資金を投下したということです。

 

今後の景気の影響も受けますが、きっとラスベガスの顔となっていくでしょう。そのくらい、ラスベガスの外観を変えてしまったビル群なのです。

 

 


nice!(72)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 72

コメント 4

SAKANAKANE

今後、どうなって行くのか、興味が有ります。
by SAKANAKANE (2010-03-21 21:28) 

mirai

NICEありがとうございました。
ってか、見やすくて読み甲斐のあるブログですね。今度もまた寄ってみます(^^)

by mirai (2010-04-12 21:53) 

Traveler

SAKANAKANEさん、こんにちは。
GWにシティセンターに行ってきました。
1月のオープンと比べると、かなりオペレーションがこなれてきていましたよ。
by Traveler (2010-05-13 07:27) 

Traveler

miraiさん、こんにちは。
宜しくお願いします。
by Traveler (2010-05-13 07:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。