So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューヨーク州 ハドソン・バレー [>new york]

hv1.jpg

今回は、最近注目されているニューヨーク市の北部に広がるハドソン・バレーを紹介します。

ニューヨークに観光で行く日本人は、マンハッタンやブルックリンに行き、帰国する方がおおいのではないでしょうか。ニューヨーク・シティには魅力が詰まっているので数日間の観光ではシティの外まで足を運ぶことがあまりないでしょう。ニューヨーク・シティから離れ、バスでウッドベリー・コモンズのアウトレットに行ったりする方もいるようですが、日本人には”ニューヨーク=マンハッタン(シティ)、というイメージが定着しています。
近年、ヨーロッパからの観光客やアメリカ西海岸からの観光客に人気のニューヨーク観光は、ハドソン・バレーという場所です。マンハッタンを観光し尽くしたニューヨーク通や都会での買い物やミュージカル観覧ではなく真のニューヨークを知りたいという人たちに話題のスポットとなってきています。

hv2.jpgマンハッタン島の西側に流れるハドソン川。ハイラインを歩くと西に大きなハドソン川を見る事ができます。この川は、アメリカ北部から河口まで約500Kmもある大河なのです。マンハッタンは、ハドソン川の河口に位置していて、自由の女神あたりで大西洋と合流します。このハドソン川、かつては氷河でした。北部の山を巨大な氷が削り取り生まれた谷を川はゆっくりと流れています。マンハッタンから北の上流地域に向かうと、川の両側は氷河に削り取られたクリフとなっていて、とても美しい景色が広がっています。このあたり一帯をハドソン・バレーと呼んでいます。

ハドソン・バレーには何があるのでしょう。この地域には様々な魅力が詰まっています。いくつかのトピックにわけ詳しく紹介して行きましょう。

ワイナリー
アメリカでワインというとカリフォルニアのナパが有名ですが、アメリカ最古のワイナリーはハドソン・バレーにあります。そして、ここには多数のワイナリーが点在しテイスティングを楽しむ事ができるのです。ハドソン・バレーにはいくつかのワイン・トレイルがあり、一筆書きのようにいくつかのワイナリーを巡ることが出来ます。これらワイナリーにはワイン畑とテイスティング・ルーム、場所によってはレストランなどがあります。ワイナリー毎に作っているワインには様々なものがあり、テイスティングだけでも十分楽しめます。お勧めはアメリカ最古のワイナリー、ブラザーフッド・ワイナリーです。ここではテイスティングだけでなくワイナリーの中を見せてくれるツアーなども用意されています。
hv3.jpgハドソン・バレーは気温の差が激しいようで、ワイナリーのほとんどはバレーの谷ではなく山の上にあります。ワインをテイスティングしながらハドソン・バレーを見渡すのはとても気持ちが良く清々しいです。そしてナパ・バレーほど観光客がおおいわけではなく、ワイナリーのスタッフもフレンドリーで会話も弾みます。
ドラマ「キャビンアテンダント」でも登場したベンマール・ワイナリーは、ワインの味も良く景色も素晴らしいので行く価値があります。そしておおくのハドソン・バレーのワインは生産量が少なく日本に輸入されていませんので、お土産に最適です。

レストラン
093-1.jpgハドソン・バレーには有名なレストランが点在しています。一番有名なのはブルー・ヒル。アメリカで一番予約の取れないレストランとして話題だったこのレストラン、食材のすべてが自給自足です。メニューはなく自分で好きなようにオーダーができるのも人気の秘密です。スタッフは皆明るく気持ちの良いサービスも定評があります。CIAは料理学校が経営している5つのレストラン。ここでは生徒が料理を作っているのですがどれも素晴らしい味です。広大な土地なので、店でサンドイッチなどをテイクアウトして敷地内で食べるのも楽しいです。ベッドフォード・ポストは、リチャード・ギア夫妻が始めたレストラン&ホテル。ここはブランチが有名で、アーリーアメリカン調の店内ではパンケーキやエッグ・ベネディクトなどが楽しめます。近くの町は有名セレブやニューヨーク・シティの富豪達が住む住宅地が広がっています。この辺りに来たら町を散策するのも楽しいでしょう。

毎年3月に行われるHudson Valley Restaurant Week。期間中は、参加しているハドソン・バレーのレストランが特別メニューをリーズナブルプライス(ランチ $20.95、ディナー $29.95)で提供します。この時期、ハドソン・バレーに宿泊して地元のレストランを食べ比べしてみるのも面白い体験です。

Blue Hill 630 Bedford Road, Pocantico Hills, NY TEL: +1-914-366-9600 http://bluehillfarm.com
CIA 1946 Campus Drive, Hyde Park, NY TEL: +1-845-471-6608 www.ciarestaurants.com
Bedford Post 954 Old Post Road, Bedford, NY TEL:+1-914-205-3773 www.bedfordpostinn.com

歴史的遺産
hv5.jpgカイカットは、ス4世代のロックフェラー一族が暮らした豪奢な邸宅です。ハドソン・バレー沿いの町スリーピーホローの丘の上の威風堂々とした佇まいは、広大な敷地で大富豪の栄華を感じることができます。カイカットの近くにあるユニオンチャーチは、ロックフェラー一族がプライベート礼拝に使っていた小さな教会です。一族の依頼により制作されたマティスとシャガールの美しいステンドグラスが飾られていることで、観光客が絶えない名所となっています。
フィリップスバーグ・マナーは、大地主で貿易商であったフレデリック・フィリップスが、邸宅や畑、水車小屋、牧場を連ねたプランテーション。18世紀に繁栄したこのプランテーションを、当時の雰囲気のままに再現しています。
これら3つの歴史的遺産はアメリカの古き良き時代を知るには絶好の観光ポイントです。全てがスリーピー・ホローという町にあるので1日で全てを巡ることが出来ます。そしてこの町、アメリカでは誰もが子供の頃聞かされた伝説「スリーピー・ホロー」の町でもあります。ジョニー・デップ主演で映画化もされていますので、映画を見てから行くとより楽しめると思います。

Kykuit 381 N Broadway Sleepy Hollow, NY
Union Church of Pocantico Hills 555 Bedford Road, Pocantico Hills,NY
Philipsburg Manor 381 N Broadway, Sleepy Hollow,NY

美しい観光地
ハドソン川流域には、18~19世紀に作られた美しい岸辺の町が点在しています。今でもそれらの町にはどこか懐かしいニューイングランドの面影が残っています。ナイアック、キングストン、ハドソン、ラインベック、ソーガーティーズなどの町にはブランチややアンティーク探しを楽しめるダウンタウンがあり、今でも地元民で賑わっています。ソーガーティーズには1869年に建てられた灯台付きのB&Bがあります。 のんびりした田園の雰囲気を楽しむなら、ハドソン・バレーにはディアビーコンなどの素晴らしい美術館が数多くあります。 コールドスプリングは、ショップやカフェが建ち並び、ウォーターフロントでは岩山のストームキングマウンテンやハドソンハイランズから流れる川の眺望が美しい19世紀の村です。

タッパンジー・ブリッジ
ハドソン川にかかる橋で有名なのはマンハッタンとニュージャージーを結ぶ交通の要ジョージ・ワシントン・ブリッジですが、その北側にかかる橋をご存じでしょうか。ニューヨーク州のウェストチェスター郡タリータウンとニューヨーク州ロックランド郡ナイアックを結ぶタッパン・ジー・ブリッジです。この橋はハドソン川の一番幅の広い部分に設置されている美しい橋です。ハドソン・バレー観光ではこの橋を使うことが良くあります。現在、橋は立て替え中で、既存の橋を壊し新しい橋脚を設置する大工事が見られます。詳しくはこのサイトに記されています。http://newjerseylife.blog.so-net.ne.jp/2014-01-26

宿泊
hv6.jpgハドソン・バレーには沢山の宿泊施設があります。安く上げるならハドソン・バレーを貫くニューヨーク・ステート・スルーウェイ沿いのインター付近に沢山のモーテルがあります。これらモーテルは満室になることがないので、予約なしでも安心して泊まることができます。折角の観光ならタリータウンにあるキャッスル・ホテル、そしてニューパルツにあるモーホンク・マウンテン・ハウスをお勧めします。このふたつのホテルはまるでヨーロッパの古城ホテルのように豪華で素晴らしいサービスが受けられます。ホテル内のレストランも素晴らしく滞在中、不満を感じることはない場所です。

Castle Hotel 400 Benedict Avenue, Tarrytown, NY TEL:+1-914-631-1980 www.castlehotelandspa.com
Mohonk Mountain House 1000 Mountain Rest Rd, New Paltz, NY +1 855-883-3798 www.mohonk.com

ハドソン・バレー。今回紹介しただけではまだまだ語りきれないほど奥が深い地域です。
冬にはスキー、秋には日本では見たことのない紅葉が楽しめます。年間を通して釣りも盛んです。

ニューヨークはもう行ったので、次はどこに行こうかと考えている方も、是非もう一度ニューヨークに行って、ニューヨーク・シティから1時間程度でアクセスできる魅力のあるハドソン・バレーを訪れてみてはいかがでしょうか。

nice!(70)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 70

コメント 2

YAP

定番過ぎる観光スポットよりも、こういう場所のほうが私は好きです。
by YAP (2014-06-20 08:34) 

さうざんバー

ご訪問&nice&コメントありがとうございました(^^)
カルフォルニアのワインって有名ですが、ハドソンバレーが最古とは、勉強になりました(^^)v山を見下ろし、飲むワイン♪やってみた~~い♪(^^)
by さうざんバー (2014-06-26 17:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。