So-net無料ブログ作成
検索選択
>united kingdom ブログトップ

ロンドン トリップ 2/2 [>united kingdom]

ご無沙汰してました。
前回に引き続き、ロンドントリップをお伝えしていきます。


<オックスフォード散策>
仕事の翌日は、朝起きてひとりで街を散策してみました。とりあえず駅へ。駅は通勤時間帯だというのにとてものんびりとしていました。通勤通学者は駅まで自転車で来て駅前に駐車しています。日本のように無秩序な駅前とは別世界で、皆が気持ちよく利用できるよう利用者がルールを守っていたのが印象的でした。駅構内にはカフェなどがいくつかあり、コーヒー紅茶を購入して電車に乗り込む人やゆっくりと朝食をとっている人などを見かけました。電車はそれほど混んでいないようで、社内でも新聞を読んだりできる余裕があるようでした。

駅からホテルまでは遠回りをして運河沿いを歩いてみました。流れが速く深そうで史が、運河沿いの遊歩道は綺麗に整備されていて散歩には丁度良かったです。

ホテルに戻ると、仲間が早めにチェックアウトを始めていました。部屋に戻り私もチェックアウトします。


<郊外の街>
ホテルからは皆で小さなチャーターバスに乗り込み、ケネディの自宅へと向かいました。このあたりはイングリッシュガーデンの中心地だそうで、バスから見える家々にはとても美しい庭が付いていました。オックスフォードから車で1時間。そこには1400年代に作られた街がありました。今では観光地になっているようですが、路の両脇に煉瓦作りの可愛い建物が並んでいます。ここで、バスを降り街を歩きました。レストラン、雑貨屋、アンティークショップなどが並び街はとても賑わっていました。かつてはこのあたりは農場しかなく、商店街もちいさなものだったそうです。しかし、ここ数年の好景気によりロンドンのお金持ちがこのあたりの農場を購入したため、農業は廃れ変わってリゾート地としてうまれかわったそうです。

我々はここで数時間を過ごし、別の街に移動しました。その街というのは村と定義したほうが良いほど小さい集落でした。森の中に数件の民家が集まっているこの場所に有名なレストランがあるそうです。確かに小さな看板が掛かるレストランらしき家が建っています。こんなところでどうやって商売をしているのかと不思議に思いました。

中に入ると、とても綺麗な店内にはお客さんが結構いました。家族で切り盛りしているようですが、品があり清潔です。かなりしっかりとした経営を行っているように感じました。ここで、ケネディのご両親と合流し昼食をとります。
まずは、食前酒。私はホットワインを頂きました。他の人は地元の黒いビールを飲んでいました。ワインもビールもあまりのおいしさにビックリ!そして食事です。
今まで、美味しいと感じることのなかった食事ですが、この小さなレストランは、かなり満足度が高かったです。日本人でも美味しいと感じることができるレストランがイギリスのこんな田舎にあるとは驚きです。ここで、優雅に食事をして庭を見学させてもらい、ケネディの実家に向かいました。

ケネディ宅も、森の中にある小さな集落にありました。おそらく4,5軒の民家しかありません。買い物はどこに行くのでしょう?コンビニなども近所にはありませんでした。さらにバスや電車も見あたらず、移動は自家用車だけだと思います。

こんな小さな集落でも外観条例は厳しいようでライムストーンでできた同じデザインの家々が並んでいます。そして各家には大きなイングリッシュガーデンが広がっていました。ケネディ宅は数年前に読売新聞の取材を受けたそうで、そのときの新聞が大切に保存されていました。ケネディのお母さんは我々のためにケーキとクッキーを焼いてくださっていて、皆でそれをいただきました。そして紅茶。香りの良い紅茶を飲んで、暖炉の前でいろいろなお話をしました。本当に暖かい家庭でケネディの性格の良さはこの家庭で育ったからこそなんだと強く感じました。

こんなに田舎ですが、日本人の観光客が歩いてやってくるそうです。ケネディのご両親は、そういう人を呼び止めては、家でお茶をご馳走しているそうです。こういう暖かい人たちが住んでいるイギリスの田舎は、とても心が和みました。

ケネディ家でのんびりして、皆で移動しました。この日の最終便で帰るためです。帰りには、このあたりで有名な昔ながらの町を見学しながら空港に向かいました。まるで「ロード・オブ・ザ・リング」にでてくるホビットの村のような美しい村が点在していました。


<帰国の途>
私は、皆を空港で見送り、翌日朝のフライトにしました。どうしても新しくなったヴァージン・アトランティックのラウンジに行きたかったからです。

朝、ロンドンのホテルのロビーには、ショーファーカーのドライバーが待っていました。ボルボのリムジンで空港に向かうと、驚きが待っていました。
なんと、チェックインがドライブスルーなのです。車の窓からチェックインができるんです。これは素晴らしいサービスです。是非日本にも導入して欲しいです。
ラウンジは噂通りすばらしいものでした。とにかく広い!これほどまでに広いラウンジは初めてです。そして、バーからレストランは当然、スパや美容室まであるんです。プールバーや子供の遊ぶ遊戯室までとにかくここで数日間は過ごせそうな充実ぶりです。
私は、デリでサンドイッチとコーヒーをオーダーし食べました。お腹が空いている場合はここで夕食を採ることもできます。もっといたかったのですが、フライト時間はあっというまにやってきました。

帰りの飛行機もエアバス320です。帰りはバーが盛り上がり、東京まで着席できませんでした。そしてアメリカ人達が大声で騒ぎ、うるさくて眠れませんでした。まあ、バーがあったら盛り上がっちゃいますよね。

東京に戻ると、ショーファーカーで自宅まで送ってくれました。

今回のロンドン旅行は、ヴァージン・アトランティックによる完璧なサービスと現地の暖かいもてなしで記憶に残る旅となりました。


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン トリップ 1/2 [>united kingdom]


今回は、1月下旬に行ったイギリスへの旅行について記そうと思います。ヨーロッパはあまり行かないのですが、今回はオックスフォード大学での仕事となり、かなり楽しみでした。イギリス旅行は北米旅行とはかなり違っていて、なかなか興味深かったです。そんなことを時系列に従いお伝えしようと思います。

<成田空港&ラウンジ>
今回は、英国ということでヴァージン・アトランティック空港を選択しました。以前も記しましたが、この会社はサービスが面白いので楽しみでした。ショーファーカーサービスというサービスは、自宅から到着地まで飛行機以の部分を車で補ってくれるものです。自宅には、時間に余裕を持ってハイヤーが向かえに来てくれました。この車がなかなか立派で、今回は日産プレジデントの黒塗りでした。他にもBMW6シリーズやメルセデスのSシリーズが使われています。しっかりしたドライバーエスコートされ空港に向かいます。

チェックインを住ませ、ラウンジに行きます。ラウンジはヴァージン・アトランティック専用で、すでに白と赤、そしてメタリックなイメージの世界に入り込みます。ここでは、食事などのサービスが受けられます。私はパニーニとカフェオレを頂きました。メニューにはバラエティがあり驚きます。そして、スタッフはヴァージン・レッドの衣装で気持ちの良いサービスをしてくれました。


<飛行機>
エアバスA320は、シルバーのデザインでヴァージン・レッドのロゴがついています。外観からして他の航空会社とは違う雰囲気が漂っています。機内は、アッパークラス、プレミアム・エコノミー、エコノミーの3クラスに分かれていました。アッパークラスは、あの、独特のシステムで大満足です。座席は、斜めに配置されていて、ほぼ個室のような状態です。ベッドはフルフラットになり、食事はフリーダムミール。完全自由の食事が用意されます。さらにマッサージ師によるサービス付き。CAは、フランクで乗っていてとても楽しいです。

今回は、離陸後食事をしてバーに行きました。バーは、基本的に到着まで自由に使えるスペースです。たまたま知り合いのCAさんが乗っていたので話をしていると、日本人がやってきました。彼はヴァージン・アトランティックの常連さんだそうで、3人で話をしました。その方はかなり有名なインテリア関係者で、私も彼が手がけるインテリアを購入していました。そして数時間インテリア談義で盛り上がりました。このようにヴァージン・アトランティックでは、知り合えないような人々との出会いがあるのです。これもヴァージンの魅力のひとつです。

<オックスフォード>
到着すると、ショーファーカーが向かえに来ていました。その車でオックスフォードの街へ。オックスフォードへはヒースロー空港から車で1時間でした。空港を出ると景色はイギリスの田舎、一面草原が広がっていました。オックスフォードは、建築制限が厳しいそうで、建物はライムストーンというライム色の石で造られています。よってデザインに統一感があり、とても綺麗です。

私たちは、この街で一番歴史のあるランドルフ・ホテルに宿泊しました。このホテルは、外から見るととても古いのですが、中は清潔でいかにもイギリスっぽい内装でした。こういうホテルはなかなかアメリカにはありません。伝統と格式が感じられ、なかなか興味深かったです。

仕事は翌日からなので、この日はオックスフォードの街を見学し夕食をすることにしました。ガイドはオックスフォード大学を卒業した知人のケネディです。彼は、大学卒業後ロサンゼルスでCMのディレクターをしていますが、今回の我々のオックスフォード訪問を聞きつけ、わざわざオックスフォードまで来てくれました。
ケネディはオックスフォードの街を紹介しながら大学についてなどいろいろとガイドしてくれました。私が驚いたのは、オックスフォード大学のシステムです。この大学はクライストチャーチやニューカレッジといったたくさんのカレッジシステムが統合されてできあがっているそうです。よって学生はどこかのカレッジに所属しているのです。学生は各カレッジの中に住んでいます。よって、街の面積のほとんどは大学です。大学の脇に小さなかわいらしい街があるという感じです。

夕食は、イギリスで有名なシェフがオックスフォードにオープンした Brsserie BLANC。ここは、内装も良く料理もイギリスにしては満足できるものでした。イギリスの伝統的なレストランというよりは、最近流行のレストランといった感じです。でもイギリス色は強く出ていて、ヨーロッパに来ているという気持ちになりました。

翌日は、1日仕事です。大学でのイベントや講演会に参加し、仕事をこなしました。
昼食を学生食堂で食べたのですが、壁に「アラビアのロレンス」の絵が飾ってありました。どういうことか聞くと、ロレンスもこの大学を出たそうです。おそらくイギリスの有名な政治家や企業家のほとんどはこの大学を卒業しているのではないでしょうか。ケネディに日本人はいるか聞いたら、ケネディの頃は皇太子がいたと言ってました。

夜は、ハイテーブルという夕食に招待されました。これは大学の教授に招待された公式行事です。まるで「ハリー・ポッター」の世界に入り込んでしまったような場所で、マントを着た教授達と一緒に夕食を食べるのです。これはなかなか面白い儀式でした。政治や経済、ゴシップなど話題は多岐に富み、教授達の人柄がわかり有意義な時間を過ごすことができました。

次回は、オックスフォード郊外の街やイングリッシュガーデン巡りなどをお伝えします。


nice!(17)  コメント(20)  トラックバック(4) 
共通テーマ:旅行
>united kingdom ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。