So-net無料ブログ作成
検索選択
>florida ブログトップ

進化する ウォルト・ディズニー・ワールド (フロリダ州オーランド) [>florida]

images.png

現在(2016年後半)、アメリカ・フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)は目まぐるしい進化を遂げています。これから新しくできるアトラクションやテーマパーク内の新しいエリアだけで数十という計画が進行し、2018年には大きく生まれ変わる予定です。

夢の国、ウォルト・ディズニー・ワールド
wdw.jpgディズニーというスタジオを成功させたウォルトはカリフォルニアにディズニーランドをオープンします。初めのうちは問題が山積していましたが、プロモーションと改良で次第に客足は伸び大成功しました。
これがのちに世界中に展開されるディズニーラントというテーマパークの原型です。
ウォルトはニューヨーク万博を見て大いに影響を受け、さらなる夢のテーマパークを実現させようと試みます。それがフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドです。ウォルトはフロリダの広大な沼地を買い取り、そこを灌漑して新しいテーマパーク、というより巨大な街を建築することを夢見ます。
弟のロイと細かな設計を行い資金調達をし、いよいよ建設が始まる1966年にウォルトは逝去してしまいます。意志を受け継いだロイは、ウォルトの夢を1971年に遂に完成させるのです。

オープン時はカリフォルニアのディズニーランドを模したマジック・キングダム、そして1982年にニューヨーク万博を手本にしたエプコット・センターが建築され、人気を博しました。現在では、この2つのテーマパークにディズニー・ハリウッド・スタジオ(1989年オープン)とディズニ・アニマル・キングダム(1998年オープン)の2つが加わり4つの大きなテーマパークの集合体となっています。

WDWは山手線の内側の2倍の面積を有しており、4つのテーマパークの他にウォーターパークやスポーツ施設、ディズニーのオフィシャルテーマホテルが20以上あります。さらに巨大なショッピング、レストラン施設がリニューアルオープンする予定です。
WDWを全部楽しむためには少なくても1週間滞在しないといけません。そのくらい広大な土地にウォルトの夢が築かれているのです。

そして2016年、新たなプロジェクトが次々と発表されウォルト・ディズニーが人生をかけて挑んだ夢の楽園は新たなステージにスッテップアップしています。
今回は現在のWDWと今後新しくなっていくエリアを紹介していきます。

マジック・キングダム日本語公式サイト
東京ディズニーランド(TDL)のモデルとなっているので、TDLと似ています。ただアトラクションの位置や種類は若干異なります。

注意すべきことは、このテーマパークには車で直接行くことができません。車の場合、駐車場に止めてからモノレールに乗らなくてはなりません。モノレールはマジック・キングダムとエプコットを結んでいますが、途中にこの駐車場駅や幾つかのホテルを経由しています。車でアクセスする場合は、駐車場に車を止めればマジック・キングダム、エプコット、いくつかのホテルに無料のモノレールでアクセスできることになります。
見所は、古き良きアメリカを再現したこのテーマパーク全体です。TDLと比べると時間が経っているので、木々も成長し落ち着いた雰囲気となっています。アトラクションはTDLとほぼ同じですので、ここではアトラクションに乗ることばかりではなくパーク内を散策するのがオススメです。そしてマジック・キングダムでしか見ることのできないショーを見たりオリジナルグッズを購入するのが楽しいでしょう。
今後の予定ですが、マジック・キングダムは大きなプロジェクトの計画はありません。

エプコット日本語公式サイト
かつてはエプコット・センターと呼ばれていました。このテーマパークは2つのエリアから成り立っています。
epcot.jpg入り口付近にあるのがフューチャーワールドです。ここは万博のように知的好奇心を掻き立てるアトラクションが揃っています。エプコットの象徴となっている巨大な球体の中はスペースシップ・アースという名前でプロジェクト・トゥモローというアトラクションが入っています。海をテーマにした建物ではタートル・トークがあります。ザ・ランドという建物内では人気のソアリンなどがあります。このエリアはどちらかというと大人が楽しめるアトラクションがあり、とても楽しめる場所です。

フューチャーワールドの奥に広がっているのがワールド・ショーケースというエリアです。湖の周りに世界11カ国の街並みを再現していて、それぞれの国では、その国のレストランや歴史を解説するアトラクションなどがあります。ここはかなりの規模で作られているので、1日で世界一周したような写真が撮れます。もちろん日本もあり、日本食レストランや三越が入っています。

エプコットの見所は、やはり他のディズニーランドにはないオリジナリティでしょう。特に大人にはどのディズニーランドよりも楽しめると思います。写真を撮るにも変わった建物や世界の街があるので最適です。
アメリカの食事に飽きた時はワールド・ショーケースでモロッコ料理やフランス料理も楽しめます。
ソラニンは東京にもできる予定ですが、完成するまではここで楽しむのもいいでしょう。

エプコットにはモノレールかバスでアクセスしますが、駐車場もあります。

ディズニ・ハリウッド・スタジオ日本語公式サイト
オープン当時はディズニーMGMスタジオという名称でした。MGM社との契約問題から2007年に現在の名称に変更しました。基本的にはユニバーサル・スタジオのディズニー版だと思うとわかりやすいと思います。映画に関連するアトラクションが集まっています。「スターツアーズ」は、マジック・キングダムのトゥモローランドではなく、こちらにあります。
このテーマパークではオープン時より行われている「インディ・ジョーンズ」のショーがオススメです。迫力のあるスタントショーはユニバーサル・スタジオの「ウォーターワールド」のように楽しめます。

disney-mgm-studios-sorcerer-hat.jpgかつては、ここにディズニーのアニメーションスタジオが併設されていてアニメの制作過程を見ることができました。バックロットツアー的なアトラクションもあり、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのようにトラムに乗ってスタジオの中を走りながら様々なアトラクションを楽しむツアーでした。
しかし、これらのエリアは現在閉鎖され、大規模な工事が行われています。
このエリアには将来スターウォーズ・ランドとトイストーリー・ランドがオープンします。既存のエリアとその裏にある土地を利用した広大な土地に人気エリアを新設するのです。
staland.jpg

スターウォーズ・エリアには2つのアトラクションがオープン予定です。一つはファルコン号に乗って銀河戦争を戦うというライド、もうひとつはゲストが反乱軍の兵士として出兵し、帝国軍と戦うものです。

toyland.jpg

トイストーリー・ランドにはアニメの世界が再現され、ローラーコースターやトイストーリー・マニア!のコース延長などが予定されています。

現在は、オープン時の1/3程度に縮小されながらの運営となっているので、行って見ると思いがけず狭いです。ただ、ファンタズミックなどもあるので、ここは必見エリアです。特に映画が好きな方は半日でいいので足を伸ばして見ましょう。

ディズニー・スタジオへのアクセスにモノレールは使えません。車で行き駐車場に止めるかバスで行くしかありません。

ディズニ・アニマル・キングダム日本語公式サイト
WDWの中で最も新しいテーマパークです。ディズニーパークの中で最大の面積です。名前の通り動物がテーマとなっています。ここはまだ開発途上ですが、新しいだけあってレイアウトがよくできていますし、テーマに沿ったデザインが素晴らしいです。特にオススメはキリマンジャロ・サファリで、本物の動物が放し飼いにされている広大な敷地をジープで回ります。他にあるサファリツアーとは比べ物にならない素晴らしいアトラクションです。まるでアフリカのジャングルを田知っているような気持ちにさせてくれます。
他にもこのテーマパークにあるアトラクションやレストランは他のディズニーランドにはないものばかりです。大人も子供も興奮すること間違いないです。
kilimanjaro-safaris.jpg

現在、アニマル・キングダムでは、大きな工事を行なっています。これは「アバター」の舞台になった惑星パンドラを再現しています。将来ここには「アバター」のアトラクションがお目見えするはずです。
avater.jpg


アニマル・キングダムには、まだ空き地がありますので、今後、新しいエリアが次々と開発されて行くでしょう。

アニマル・キングダムにもモノレールではアクセスできないので、車かバスで行くことになります。

ウォルト・ディズニー・ワールドで効率的に楽しむために
広大なWDWは、紹介した4つのテーマパークの他にも楽しむ場所はたくさんあります。それぞれは歩いて移動することが不可能なので、車、バス、モノレール、船などを駆使しないといけません。さらに公式ホテルはどこも巨大でかなりの距離を移動します。こうなるとできるだけ効率的に移動し、できるだけ待ち時間を減らし、会計なども面倒なことは避けたいと思うでしょう。
ディズニーは、ここフロリダだけで壮大な実験を始めています。それがマジックバンドです。
マジックバンドさえあれば、移動はバンドをかざすだけ、会計もバンドをかざすだけ、ホテルの部屋に入るのも鍵はいりません。マジックバンドの入手方法や使い方はこちらをご覧ください。
スマホと合わせて使うととても便利で、アトラクションの待ち時間もなくなります。

アメリカ人が人生で一度は行きたい観光地のトップにランキングされているフロリダのディズニーワールド、日本からはアメリカの都市を経由すれば簡単に行くことができるので、ディズニーファンは是非一度訪れてください。ディズニーファンでなくてもかなり楽しめると思います。

次回は、ディズニーランド内にある素晴らしいホテルを紹介します。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ディズニーワールド の マジックバンド と アプリ [>florida]

df1.jpg

2016年現在、フロリダのディズニーワールドでは、新しい試みとしてMagic Bandを運用しています。これはディズニーワールドを満喫するためにとても便利で快適なシステムです。同時に運用されているスマホ・アプリのMy Disney Experienceもとても便利です。
今回はこの2つのアイテムを使ったディズニーワールドの楽しみ方を記します。

df3.png

マジックバンド Magic Band
マジックバンドとは、ICチップが組み込まれたリストバンドです。バンドを入手するにはディズニー直営ホテルに宿泊します。ディズニーショップで購入することも可能です。ホテルに宿泊すると1人に1つ名前入りのマジックバンドを無料で渡してくれます。事前にネットで指定すれば色を選べます。指定しないとグレーになります。ここに自分のデータが入っています。入手後はディズニーワールド内のほぼすべてのサービスを受けられることになります。

マイ・ディズニー・エクスペリエンス My Disney Experience
マイ・ディズニー・エクスペリエンスはディズニーワールドを利用するには必須のアプリです。これが使えるかどうかでディズニーワールドが楽しめるかどうかが変わってしまうほど重要です。マイ・ディズニー・エクスペリエンスにはPC版とスマホ版があります。PC版は、サイトにアクセスすればWeb上で使えます。スマホ版はiOS かAndroidOSのスマホでMy Disney Experienceのアプリをダウンロードできます。
このアプリがあればパークのオープン時間やアトラクションの混雑状況の把握だけではなく、後述するファストパスの予約・変更やフォトパスの写真閲覧なども可能になります。
アプリは現在英語しか対応していませんので、ダウンロードする場合はアメリカのアプリサイトにアクセスしてください。無料です。
ディズニーワールドに到着してからアプリをダウンロードするには手間がかかるので、日本出発前にアプリをダウンロードして自分のデータを入力しておいたほうがいいでしょう。

では、それぞれの機能と効果的な使い方を説明します。そして2つの連携した活用法を記します。

予約
マイ・ディズニー・エクスペリエンスで事前予約をします。ここでは3つの予約をしておくと大変便利です。ディズニー公式ホテルはここで予約できます。実際にディズニーワールドに行く人は全て登録しておきます。ホテルは誰と誰が同じ部屋なのかなど細かな指定ができます。これが実際にディズニーワールド内で動く時に役に立ちます。
ホテルを予約したら、テーマパークの予約です。行くテーマパークを予約します。決まっていない時や1日に複数のテーマパークに行く場合はパークホッパーを予約します。そしてファストパス・プラスで人気のアトラクションを予約します。
するとマイ・ディズニー・エクスペリエンスの自分のアカウントに宿泊場所や行くテーマパークの情報、ファストパス・プラスで予約したアトラクションの時間などが予定表のように表示されます。テーマパークを訪れた当日はマイ・ディズニー・エクスペリエンスに自分のスケジュールが表示されていますので、それに従い動けば、無駄なく遊ぶことができます。レストランもアトラクションも並ばずに楽しめます。

ホテルのルームキー
ディズニー直営ホテルでは各部屋の扉のノブ上に、ミッキーのマークがあり、そこにマジックバンドをかざすとセンサーが働き、部屋のキーが開きます。マジックバンドがルームキーを兼ねているのです。部屋を出るときはマジックバンドを持っていないと入れなくなりますので気を付けてください。もちろんホテル予約期間は何度でも自由に出入りできます。同室の宿泊者も同じように出入りができます。

ショッピング
マジックバンドは、PasmoやSuicaのようにお財布代わりとして利用できます。ホテルチェックイン時にマジックバンドをもらう際、クレジットカードの登録もできます。その際4桁の暗証番号を登録します。事前にデポジットの額を審査され、問題なければすぐに使えます。ディズニーワールド内のショップやレストランで決済する場合、マジックバンドをセンサーにかざし、暗証番号を入れるだけで終了です。マジックバンドさえあれば現金を持ち歩く必要はありません。

テーマパーク入場券
マジックバンドは、ディズニーワールドにある各テーマパークに入場する際に使います。今まで紙かプラスティック製のチケットでしたが、これらが廃止されマジックバンドに変わりました。
パーク入場時にマジックバンドをセンサーにタッチするだけで入ることができます。入場前にMy Disney Experienceで入場券を予約しておく必要があります。パークホッパー(1日に複数のテーマパークに入場する)を申し込んでおけば、もちろんバンドを入口でかざすだけで簡単にどのパークにも出入場ができます。
注意)初めてパークに入場する際のみ、マジックバンドと自分の指紋の登録が必要です。入場ゲートで簡単にできます。

ファストパス・プラス
ウォルト・ディズニー・ワールドの各テーマパークでは、アトラクションの事前予約ができるようになりました。(1日1つのパークで3つまでの予約となりますが、3つ全ての使用が終了するか、3つ全ての使用時間が過ぎると、パーク内のキヨスクで4つ目以降が予約できます。)
My Disney Experienceで事前予約をしておくと、予約したアトラクションに行く時間帯が指定されます。その時間に入口付近のFast Pass+と表示されているゲートにいくとマジックバンドをかざすポールがあります。ここにバンドをタッチするだけで入場が可能となります。もし時間外に行くとスタッフがその旨を伝えてくれます。
スマホ版のMy Disney Experienceを持っていれば、自分がどのアトラクションのファストパスを予約したのか、入場時間は何時なのかなどを把握できます。そしてもしファストパスのスケジュールを変更したい場合は、スマホから時間変更することが可能となります。ファストパスは1日に3回という制限がありますが、スマホさえあれば、この3回を無駄なく使えます。そしてアプリにはリアルタイムでパーク内アトラクションの待ち時間が表示されるので、時間の隙間を予約していないアトラクションで埋めることが可能です。
ファストパス・プラスとMy Disney Experienceを併用することで、並ばずにおおくのアトラクションを効率よく楽しめるようになるというわけです。

パーク内のフォトパス
各パーク内にはプロのフォトパス・カメラマンが何人もいます。彼らが景色のよい撮影ポイントで写真撮影をしてくれます。カメラマンは、腕にフォトパスと書いてある腕輪をして一眼レフのカメラを持っています。カメラマンの後ろには撮影を待つ列ができているので見つけやすいでしょう。スマホ版のMy Disney Experienceではカメラマンがどこに何人いるか地図上に表示してくれますので、さらに見つけやすいです。
撮影は無料ですので、カメラマンをみつけたら撮影してもらうことをお勧めします。
撮影時にポーズを指定してくることがあるので、その時は従いましょう。写真にディズニーキャラクターを合成してくれます。
写真撮影後、マジックバンドをカメラマンにかざすと登録終了です。
数分後にはMy Disney Experienceで写真の確認ができます。気に入れば購入することができます。もちろん購入しなくても大丈夫です。
写真は印刷することも可能ですし、データとしてダウンロードすることも可能です。フォトパスの写真はあせらなくてもMy Disney Experienceの自分のアカウントに保管されているので、日本に戻ってきてからじっくりと選べばいいと思います。

アトラクションのフォトパス
ビッグサンダーマウンテンなどのアトラクションでは、フォトポイントが設けてあります。アトラクションを降りると、自分が映った写真をモニターで見つけることができます。自分が映っている写真を見つけたらとりあえずマジックバンドをかざしておきましょう。パーク内で撮影したフォトパスと同じようにMy Disney Experienceで閲覧できます。気に入れば購入することができます。

効率的な使い方
では、実際にマイ・ディズニー・エクスペリエンスとマジックバンドを使ってみましょう。
事前にMy Disney Experience (https://disneyworld.disney.go.com/)にアクセスし自分のアカウントを作成しておきましょう。

1) 旅立つ前にMy Disney Experienceで自分のアカウントを作成
サイトにアクセスし、自分のアカウントを作成してください。PCからのアクセスのほうが簡単に入力できます。スマホにもMy Disney Experienceアプリをダウンロードしログインしておいてください。その後はデータがすべてリンクされます。一緒に行く家族や友人の分もアカウントを作り、自分とリンクしましょう。

2) スケジュールを立てホテル、レストラン、アトラクションの予約をする
まずは大まかなスケジュールをたてます。滞在期間と泊まりたいホテルを探しましょう。ホテルの部屋は誰と一緒なのか決めておきましょう。
そしてMy Disney Experienceで予約をします。ホテルを選び、日を選び、部屋のタイプを選びます。そして同室の方のアカウントをクリックします。
次に行きたいテーマパークと日を決めます。そしてチケットを購入します。日本人の場合、1日にいくつものテーマパークを梯子する人もおおいです。そういった方用にパークホッパーというチケットが用意されています。ちょっと高いですが1日にいくつものテーマパークにいけるので便利です。
そして、いよいよテーマパーク内にあるアトラクションとレストランの予約です。地図を見ながら効率のよい1日のスケジュールを考えましょう。そして予約です。

3) スケジュールの調整、再確認
My Disney Experienceの自分のアカウントを見ると予約済みのホテル、テーマパーク、アトラクション、レストランなどが表示されます。全体のスケジュールを見て確認してみてください。もし修正したい場合は簡単に予約変更が可能です。一度すべてを予約した後、見直して変更が可能です。

4) 到着したらホテルでマジックバンドをゲット
My Disney Experienceで事前入力した情報や予約情報は、ディズニーによって管理しています。このデータを活かすのがマジックバンドです。チェックインの際に自分の名前の入ったバンドを受け取ってください。この時、必ずクレジットカード番号を伝えデータリンクしておきましょう。

df2.jpg5) 実際にマギックバンドを使う
マジックバンドは、ホテル予約時点で色の指定ができます。ホテルでマジックバンドを貰ったら早速腕につけて使ってみましょう。まずは部屋の鍵として利用します。ドアのミッキーマークにバンドをかざせばドアが開きます。そしてそのあとはディズニーワールドを離れるまで常に身につけていることになります。

6) オリジナルデザインのマジックバンドを買う
デョズニーワールド内には沢山のデザインのマジックバンドが販売されています。季節限定デザインも多数あるので、バンドを自分のオリジナルバンドに変更することが可能です。店頭でバンドを購入すると、レジで新しいバンドにデータ転送を行ってくれます。
さらにバンドにつけられる様々なキャラクターバッジも売られています。これをバンドにつけるのも面白いです。これも期間限定商品がたくさん売られているのでついつい買ってしまいます。

7)フォトスポットを利用する
テーマパーク内で撮ってもらった写真は、いるいらないに関わらず必ずマジックバンドとリンクさせてください。マイ・ディズニー・エクスペリエンスに表示され、後で購入できます。これは旅の思い出になりますので、できるだけ多くのフォトスポットを利用してください。

8)帰国後の写真の整理
テーマパーク内で遊んだ履歴はマイ・ディズニー・エクスペリエンスに保存されています。テーマパーク内で撮った写真も全て保存されています。アルバムなどを作る時はこのデータが便利に使えます。
写真は購入したいものだけ選びます。印刷もデータダウンロードも可能です。

マジックバンドとマイ・ディズニー・エクスペリエンスは、ディズニーワールドを遊びつくすためには大変効率的で便利です。これは、のちに世界中のディズニーランドに普及するでしょう。

現在はフロリダだけのテスト期間中ですのが、すでに成熟したサービスになっています。フロリダのディズニーワールドに行く際は、是非このシステムを利用してください。未来のディズニーランドを感じることができます。
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
>florida ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。