So-net無料ブログ作成
>scandinavia ブログトップ

ストックホルム (スウェーデン) [>scandinavia]

sh4.jpg

北欧(スカンジナビア)は、旅行の目的地としてはメジャーではありません。特にスウェーデンは工業国のイメージが強いようで、観光に行ったという人にはあまり出会いません。今回はそんなちょっとマイナーな国、スウェーデンについて記します。

スウェーデンの首都ストックホルム。「北欧のベネチア」と呼ばれています。我々には「魔女の宅急便」の街のモデルとなったといったほうがイメージしやすいかもしれません。
実はストックホルムに行ってみると、行く前のイメージとは大きく違い素晴らしい観光地であることがわかります。日系航空会社が直行便を飛ばしていないのと、観光宣伝に力が入っていないため日本人観光客を目にすることはほとんどありませんが、行ってみるとこんな素晴らしい街に何故日本人観光客がいないのかなあと不思議に思えます。

<スウェーデンという国>
社会保障が充実している国というイメージが一番強いと思います。そんなスウェーデンは、北欧では経済的にも力がありおおくの企業が活動しています。我々になじみがあるのはサーブですね。そして家具などをイメージする人もいるかもしれません。スウェーデンはデザインに優れている国でもあります。
場所はスカンジナビア半島の東側半分です。かつてはスカンジナビアの3国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)とフィンランドは、戦争で国境が何度も変わった歴史がありますが、近年は戦闘を避けおだやかな関係となっています。各国では言葉も若干違います。
スウェーデンで、人口が密集していて興業が盛んなのは、南部のみで、国土の殆どは緑で覆われています。冬はとても寒く白夜が続きます。よって、観光は夏がお勧めです。
食事は、日本で言うところの洋食に近いです。煮込み料理やミートボールは我々の口に合うでしょう。

<スウェーデンへの道>
スカンジナビア航空が東京から直行便を飛ばしています。この路線を使うのが一番便利です。スカンジナビア航空は食事もおいしく、サービスもさっぱりしていながら満足できますので、どうしても日系航空会社に乗りたい人以外はスカンジナビア航空をお勧めします。
私はANAでフランクフルトに入り、経由便でストックホルムに入りました。一度ストックホルムの上空を通過し戻るかたちになるので、時間・距離共に無駄になりました。

sh5.jpg

ストックホルム空港は、本当に美しい空港です。それほど大きいわけではありませんが、飛行機を降りたとたんスウェーデンに着いたという気分にさせてくれます。沢山の人が行き交う空港なのに床が木なのです。明るい色の木目が続く通路は品がありとても気持ちが良かったです。そして、ゴミが落ちていない美しい空港は、時間をかけてやってきた観光客を迎え入れてくれました。そしてストックホルムまでは様々なアクセス方法がありますが、どれも快適です。私はタクシーを利用しましたがドライバーは親切で快適でした。

ストックホルムには、有名なホテルがあまり存在しません。シェラトンホテルがありますが、他の都市と比べると質素な小さなホテルが街に点在しています。北部に行くと有名なアイスホテルがありますが、都市部にはどうしても泊まりたいというホテルは見つけられませんでした。私はノルディック・ライト・ホテルが経営するNordic Sea Hotelというセンスの良いホテルに宿泊しました。部屋は簡素ですが、とても過ごしやすいところでした。

<みどころ>
ストックホルムには、ガムラスタンという旧市街があるのですが、そのほかはこれといって見ておくべき観光地があるわけではありません。ストックホルム人となり、街を気ままに散策するのが楽しいでしょう。
街を歩いていると、日本とは異なる文化であることが実感できます。きれいな街、美しい住民、田舎のようなおもてなし、アメリカや日本のような資本主義社会とは異なる穏やかな経済....。こういう都市生活もあるんだなあと考えさせられます。
そして水が近いことも気持ちがよいです。水辺を歩くと、こんなに美しい都市が成立していることに驚きを感じ、住民の民度の高さにも感心します。

<地下鉄>
ストックホルム観光の前に、この町で一番びっくりしたことを記しておきましょう。それは地下鉄です。いくつかの線がありますが、どの駅も特徴があり美しいです。ストックホルムに行ったら観光のひとつが地下鉄に乗ることだと思います。

sh2.jpg

sh3.jpg

<季節>
北緯59度に位置するストックホルム。夏は夜の12時を過ぎても日が出ています。深夜1時頃に暗くなりますが、あっという間に明るくなります。逆に冬は、昼を過ぎると暗くなり、長い夜が続きます。観光に行くなら夏をお勧めします。

文章にすると、ストックホルムの素晴らしさは明確に記すことができません。だからストックホルムに日本人観光客が少ないのでしょうか。しかし、行ってみると住んでみたくなる程美しく魅力のある街なのです。


nice!(71)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
>scandinavia ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。